マルコメのジブリ風アニメCM「料亭の味シリーズ」が泣けると話題に

長野県の、味噌の老舗「マルコメ株式会社」のマルコメの味噌。マルコメといえば、くりくり坊主頭のマルコメくん(↓)を私は思い浮かべます。

0627a
出典:MARBLE [ マープル ]

マルコメの創業は安政元年(1854年)で、マルコメくんのキャラクターが登場したのは、1977年(昭和52年)です。歴代のマルコメくん(子役)はキャラクター登場からすでに14人。1代目のマルコメくんはもう立派な大人ですね!大人になったマルコメくんは今何をやっているのでしょうか。

そんなマルコメのCMが、以前とガラリと変わって「泣ける」と話題になっています。

スポンサーリンク

マルコメのアニメCMが泣けると話題に!

CM4つのストーリーすべてを見てみました。その中でも一番気に入ったのが「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」ですね。父親の不器用な愛がこう・・・もやもやするのと同時に感動してしまいました。

マルコメ「夜食」篇の内容

女子高生の娘とその父親と母親が暮らすごく普通の家庭。父親と娘にはとある悩みがありました。

父親が傘を持っているのを見た娘は「お母さん、今日雨ふるの?」
テストが終わった娘をみた父は「テストは、どうだったんだ」とお母さんに問いかけます。

二人の共通の悩みは「最近、父親(娘)と上手く話せない」ということ。

夜中にテスト勉強をしている娘が置いてある夜食を見つけ、「お母さん、昨夜は夜食ありがと」と話しますが、お母さんは「え?何のこと?」と知らない様子。

次の日の夜、娘が見たのはお父さんが夜食を作る姿でした。最後には2人仲良く話すことが出来て、ハッピーエンドでCMが終わります。

心がジワ~っと温まり、涙もジワ~とあふれてきました。親心、父母を想う子の心、家族の絆を感じますね。

そこに寄り添うマルコメの「料亭の味」。飲むと心まであたたまるお味噌汁って、偉大ですよね。CMを見たら、今晩のメインは「味噌汁」にしようと決めました。野菜と愛情をたっぷり入れて豪華味噌汁にします!

ちなみにCMにはマルコメくんは登場せず。

料亭の味シリーズ4作品、全てのCMがジブリ風なアニメ作品になっていました。といっても制作会社はジブリではなく、アニメ会社「スタジオコロリド」と映像制作「ロボット」の共同作品になっております。

CMが公開されたのは1年も前なのですが、放映されたCMを見て感動した人も多いようです。

マルコメのアニメCMはスタジオコロリドが製作!

アニメ制作会社「スタジオコロリド」は、2011年に東京都品川区に設立されました。スタジオコロリドで制作したクリエーターには凄い人がたくさんいます。

学生時代につくった自主制作短編アニメ『フミコの告白』がYouTubeで290万回以上の再生を記録し、プロのクリエーターからも絶賛された石田祐康さん。「風立ちぬ」「コクリコ坂から」などのジブリ作品にアニメーターとして参加していた、ジブリ出身の新井陽次郎監督。

いなかっぺ大将、ヤッターマン、風の谷のナウシカなどの作品に携わり、”AKIRA”の作画監督としてもアニメファンの間では超有名な「なかむらたかし」さん。

 

そして映像制作「ロボット」はTVCM制作中心の会社でしたが、「踊る大捜査線 THE MOVIE」「ALWAYS 三丁目の夕日」がヒットしたことで、映画製作会社としても知られるようになりました。

また、日本の短編アニメーション映画「つみきのいえ」は、日本作品として初めて米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞しています。


「スタジオコロリド」と「ロボット」のタッグによるマルコメのCMは完成度が高すぎですね!

2016年4月には最新のアニメCM「上京篇」が公開されていますよ。「日本のみならず世界に味噌を広げていきたい」というマルコメの想いを込めて作られた今回のCMは、きっと世界の心に届いたことでしょう。

【 関連記事】

新着記事

PAGE TOP