ジャパンネット銀行のCMでハンバーグを作る女優のアクションが凄い!

ジャパンネット銀行のCM「カンフーレストラン」が公開されました。

CMの中では店員がハンバーグを作っているのですが、その女優のアクションが凄すぎるのです!CMに出演しているモデル?アクション女優?についてみていきましょう。

『カンフーレストラン』の内容

ファミレスで、普通のお客さんと店員の会話から始まります。

「ハンバーグで」
店員「少々お待ちください」

オーダーを聞いた店員は厨房に戻る途中に、ひとつにまとめた髪を結んでいるヘアゴムを勢いよくほどき、いきなりキック!厨房に戻った店員はチャイナドレスを着た中国美女に変身します。

店員「ハンバーグ定食、一丁!」

と中国語で厨房スタッフたちに叫び、厨房にいる何十人ものスタッフと連携プレイでカンフー術をつかったハンバーグ作りが始まります。卵を割るのも、野菜を切るのも、肉を焼くのもカンフー!キレッキレで鮮やかな動きです。

カンフーで作った気合のこもったハンバーグをお客様の元へ。

店員「お待たせしました」

チャイナドレスからファミレスの制服に戻ったカンフー店員・・・鼻の頭の黒い汚れが、カンフー調理の凄まじさを物語っています。

最後に「ここのハンバーグおいしくない?」と客が話し、店員が嬉しそうな顔をしたところでCMが終了です。

スポンサーリンク

ジャパンネット銀行CMのカンフーが凄い!

あれ、なんのCMだったっけ?ハンバーグの宣伝だっけ?と思ってしまいますが、ジャパンネット銀行のCMです。

このCMでジャパンネット銀行が伝えたかったことは「あたりまえは、あたりまえじゃない」ということです。

見た目は普通の当たり前にみえるハンバーグ。しかし、見えないところ(厨房)ではスタッフ達によるすさまじい戦いが繰り広げられている。こんなの普通じゃないですよね。

  • 銀行は、昼間に行かないと手続きができない
  • 銀行は、預金や振り込みにしか使えない

といった銀行の当たり前を覆し、インターネット銀行の特性を活かしたジャパンネット銀行なら、休日でも夜でも手続きが可能です。さらに預金・振り込みだけでなく、Vidaデビットや宝くじのネット購入など、これまでの銀行よりも幅広い使い道がある!ということなのでした。

CMに出演する女優は山本千尋さん!

0611a

このCMでファミレスの店員を演じたのは、太極拳選手で女優の山本千尋さん。

もちろん彼女は日本人、1996年に兵庫県神戸市で出生しました。このようなアクションが出来るようになった背景としては、ジャッキーチェンのファンだった母親の影響から、3歳にしてカンフーを習い始めたからです。

山本さんは武術太極拳の世界ジュニア大会で2度も優勝する実力の持ち主なのですよ♪

最近では女優としても活躍中で、2014年には映画「太泰ライムライト」でヒロインデビューしています。

今年2016年、「キングダム」という週刊ヤングジャンプの連載10周年特別記念動画(実写版)に山本千尋さんも出演しており、美しい剣舞のシーンを魅せてくれております。。

見ていて気持ちいいほど滑らかな動きですね。キレのある演技は1日してならず・・・毎日の努力の積み重ねでしょう。実力派アクション女優として、これからもさらに活躍してほしいものです!

新着記事

PAGE TOP