【都市伝説】ソフトバンクの犬「ギガ」が怖い…正体はグレムリンのモグワイ?

ネットの一部で囁かれる、ギガちゃんの都市伝説をご存知ですか?

ソフトバンクのCMに登場する子犬のギガちゃんは、見た目は可愛いものの性格が悪くてちょっと怖いですよね。現実でもCMの中でも可愛いと言われるギガですが、実は少しゾクッとする怖い都市伝説があるのです。

それは、ギガの正体がグレムリンなのではないかということです。

あの可愛い子犬がグレムリンだって?あまりにも唐突すぎて「何をバカなことを…」と言われるかもしれません。しかし、ギガとモグワイには奇妙な共通点があったのです。

スポンサーリンク

グレムリンのモグワイとは

0218b
引用元:http://mogwai.jugem.cc/?eid=145

グレムリンのモグワイは映画に登場する可愛い生き物です。(上画像)

どこか見覚えがある方もいるのではないでしょうか。モグワイは地球よりも科学が発達した惑星で作られた知的生物であり、どんな気候や条件にも適応して繁殖する生命体です。

モグワイの見た目はとっても可愛らしいですが、真夜中に食べ物を与えると凶暴な化物に変わるという恐ろしい一面を持っています。ちなみにグレムリンに変態するとこうなります…怖い…。

0218c
引用元:http://kariyusiwear.ti-da.net/e6992220.html

ギガとモグワイの共通点

元の見た目は可愛いということ以外に、2匹にはもう一つ共通点があります。それはモグワイを飼うための3つのルールのうちの一つ。

水をかけたり、濡らしてはならない。

ということです。モグワイは身体に水がかかると激しく痙攣し、背中から分裂して急激に繁殖します。そしてソフトバンクCMでの問題のシーンがこちら。

0218d
引用元:Youtube

このシーンでは、家の中に連れていかれたはずの子犬がなぜか数えきれないほどに増殖しています。このときの天気は雪・・・つまり水です。

そのため、ギガは濡れたことで分裂したのではないかと推測出来るのです。外で凍えていたというのも、濡れたことで痙攣していたと捉えることが出来てしまいます。

また、「ギガ物語2」では昼間に外に出ていましたが、モグワイは光が苦手なので当てるとパニックを起こし、太陽光に長い間当たると溶けて死んでしまうという性質もあるのです。(どんな気候にも対応出来てないじゃん・・・)

まとめ

ギガ=グレムリンと言われている理由についてご紹介しました。過去には白戸家のお父さんが犬である理由について、様々な憶測を呼んだこともありましたね。

今回のことも同じようにただの都市伝説で、実際にCM内でモグワイが出てくることは絶対にありえないでしょう。しかし、犬になってしまったお父さんだって元は人間だったように、ギガも元々はポメラニアンではない別の生き物だった可能性は十分にありますね。

ギガの正体については、これからのCMで明らかになることを期待したいと思います。

【 関連記事】

新着記事

PAGE TOP