フリルのCMにウシジマ風の山田孝之が登場!手数料無料はメルカリへの宣戦布告?

フリマアプリ「フリル」のCMに俳優の山田孝之さんが闇金ウシジマくんのような風貌で登場します。

CMではなんと、フリルの販売手数料が無料ということをアピールしています・・・。

AmazonもYahoo!ショッピングも楽天も、自分のサービスに出店している人から販売手数料を貰って儲けているわけなので、手数料が無料ということはフリルの運営会社は利益がないということになります。驚きの内容ですよね。

そして今回のフリルのCMは、「メルカリへの宣戦布告なのでは?」とも噂されているようです。相変わらずイケメンの山田孝之さんも気になりますが、CMの内容についてと手数料をとられた女優について見ていきましょう。

スポンサーリンク

フリルのCMの山田孝之がちょっぴりウザい

フリルCM「手数料篇」

女性「はい!5000円!」
山田「はい5000円ね~。販売手数料引いて・・・はい、4500円」

と笑顔で差し出す女性のお金を奪う山田孝之・・・。何か言いたげな顔で見つめる女性に対して、山田孝之が答えます。

山田「なんだよ。手数料だよしょうがねえだろうが(笑」
「手数料・・・な?取られるの君だけじゃないし、取るのも俺だけじゃない」
「世界中どこ行っても何やっても手数料取られる。俺も取られてるからね、手数料は仕方ない」

最後に「販売手数料って馬鹿馬鹿しい」と女性が語ってCMが終了です。

フリルのCMはちょっとウザい悪役風の山田さんの演技もあって、かなり好感度が高いようです!

当初は販売手数料無料期間は12月31日まででしたが、2017年1月1日以降も継続して無料にすることが発表されています。いつ終了するかは不明ですが、フリルの儲けは大丈夫なのでしょうか?

フリルのCMは親会社とメルカリを批判している?

これまでのフリルの販売手数料は10%でメルカリと同じ割合でした。

CMでの5000円の販売手数料が500円というのもメルカリと同じ10%であり、これは「メルカリを使うよりもフリルを使おうぜ」と暗に言っているのだ・・・という見方がなされることがあります。

しかし、同じ楽天のフリマアプリ「ラクマ」も販売手数料が無料なので、フリルもただこれに続いた形と言えます。

それにフリルは親会社の楽天がいるから手数料無料で運営できるわけですから、実際のところメルカリを批判しているわけではないと思います。手数料が無料ということを強くアピールするためにこういうCMにしたため、批判や宣戦布告などと捉えられてしまったのではないでしょうか。

また、CMの「販売手数料って馬鹿馬鹿しい」と利用者の心の声を代弁していることに共感を読んでいたり、コミカルで面白い(?)CMの内容から好感度が高いCMとなっているようです!

現実に利用者のほとんどが販売手数料をとられることは仕方ないことと理解しているとはいえ、出来ればもう少し安くして欲しいと思うものですからね。

フリルのCMの女優は誰?

フリルのCMで販売手数料をとられた女性はモデルの細川あおいさんです。

公式プロフィールによると、趣味はショッピングで特技はランニングだそうですよ。フリル以外のCMではトヨタのPASSO「マツコのコンパニオン」シリーズなどに出演しています。

今回の手数料無料でフリルの利用者は一気に増えそうですね♪

新着記事

PAGE TOP