大同生命のCMに女優の波瑠が出演!断崖絶壁のロケ地はどこ?

大同生命保険から新CM『起き上がればいい。何度でも。』篇に女優の波瑠さんがイメージキャラクターとして出演しています!

断崖絶壁の大自然に立つ波留さんが海に向かって叫ぶというCMですね。CMの放送頻度はかなり高いものだったため、ややしつこいという印象を持つ人はいたものの共感する人も多いようです。

そしてNHKの連続テレビ小説「あさが来た」で有名になった波瑠さんですが、今回のCMの撮影場所が一体どこなのか少し気になりますよね。

最近はCGや合成映像の場合も多いのですが、しっかりと撮影は現地で行われております!あの広い海と断崖絶壁が連なる大自然に魅力を感じた方も多いのではないでしょうか?CMについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

大同生命CMのロケ地は屏風ヶ浦?

大同生命保険のPDFファイルには、千葉県の海岸で撮影を行ったとの記述がありました。

撮影は9月上旬に千葉県のとある海岸で行われました。台風の影響で当初の予定が延期となり、制作スタッフはもちろん、波瑠さんも天候を心配されていました。

引用:大同生命(PDF)

千葉県には海岸が多くありますが、大同生命の撮影場所は屏風ヶ浦です。あれだけ特徴のある風景ですから、一度見たことがある人にはすぐわかったようですね。

1008a

また、屏風ヶ浦は「東洋のドーバー」とも呼ばれており、迫力のある絶景であることから様々な撮影ロケ地に利用されているとのことでした!崖上から見る景色と、船から見る断崖絶壁の風景とどちらも絶景なのだそうです。

2016年には国の名勝・天然記念物にも指定されています。一度は観光に行ってみたいものですね。

大同生命のCMがしつこい?

大同生命『起き上がればいい。何度でも。』篇

屏風ヶ浦の崖上を歩く女優の波瑠さん。

「この世界の大きさと比べたら、私の悩みなんて・・・小さい。小さい」

と大自然の大きさを肌で感じ「絶対負けないからー!」と叫びます。涙を軽く流しながら “転んでも、起き上がればいい。何度でも” というテロップが流れ、最後には笑顔をみせてCMが終了。

中小企業を支える保険として、悩んでいる人や挑戦している人を応援している大同生命のCMなのですが、一つの番組で一気に流れすぎてしつこいという反応がネットで見られました。

そして特に問題がないように見えるCMにも、実は批判されてしまう内容がちょこっとだけ含まれていたのです。それは波瑠さんの最初の一言でした。

「この世界の大きさと比べたら、私の悩みなんて小さい」

この一言に対して、

  • 「悩みに小さいも大きいもないと思う」
  • 「そんな自分を攻める考え方だとうつ病になるよ」
  • 「お前の悩みなんて大したことないって言われているみたい」

という意見です。確かにそう言われてみるとそうかも・・・。

とはいっても、波瑠さんの好感度の高さもあって、大同生命のCMが好きという方も少なくないようです!心の悩みに触れる内容は難しいものですね。

新着記事

PAGE TOP