意味不明なボートレースCMの狙いとは?すみれ忍者がBOEDOの風紀を守る!

ボートレースが放送するCMは、何を広告したいのか全く意味がわからないドラマ仕立てのものになっています。

2015年度は全身タイツの仮面をつけた女性達が謎のダンスバトルをするCMでしたね。さらにCMの最後には「仮面をつけてる女性は一体誰でしょう?」と、見ている人に疑問を投げかけるようなものです。

2016年度のCMでもその方針は変わりません。その内容とは、「忍者に扮する風紀委員のすみれが不埒な輩を成敗して、水の都『BOEDO CITY』の風紀を守る」というものです。ちょっとよくわかりませんが…。

スポンサーリンク

ボートレースのCM2016は第六弾まで!

一体ボートレースはどこにいってしまうのかと不安になりますが、2016年度版のダイナマイトボートレースのCMは既に第六弾まで予定されています。

CMの最後には「次回のCMのゲスト出演者は誰?」という問題が有名人のシルエットとともに出され、キャンペーン中に正解すると抽選で景品が当たります。

ボートレースのCM予定は、公式サイトを見ればある程度予想が出来ますね。公式サイトにはBOEDO CITYの礼儀について書かれており、それぞれがCMの内容と対応しています。

一、相手を思いやろう(押しかけ女房の巻)
一、時間を守ろう(遅刻奉行の巻)
一、水を大切に(無駄遣い議員の巻)
一、いじめはやめよう(いじめ主人の巻)
一、再利用しよう(汚部屋娘の巻)
一、火の用心(ポイ捨て花魁の巻)

第一弾の主演はおかずクラブで、美女と思い込んだオカリナが押しかけ女房になるというお話です。CMその弐では「これがお前らのやり方かぁ~!」と持ちネタを披露してくれていましたね。

ボートレースが意味不明なCMを放送する意味

CMを見ても何のCMか全くわからないし、ボートレースは一体何のために放送しているのでしょうか?その目的について考えてみましょう。

理由その1

まずはじめに、ボートレースのCMは広告らしい内容ではなくエンタメ性の高い仕上がりになっています。そのため、視聴者は一体何のCMなのかと気になって思わず見てしまいますね。

携帯のCM好感度が高いことを見てもわかるように、CMが面白いということもアピールの一つといえます。

まずは流し見されがちなCMを見てもらう作戦は成功でしょう。

理由その2

CMが面白かったり意味不明だったりすると、共感を求めるためにTwitterで呟いたりネットで検索したりします。

最近は特にそういうCMが増えてきていますよね。

この記事を見ているということは、あなたはボートレースに興味を持ってしまったということです。つまり、この時点でボートレースの狙いは成功しているのです。

理由その3

最後の目的は、次回のCMのゲスト出演者の問題に参加させるためです。

なぜならこの問題(キャンペーン)に参加するためには、ボートレースラウンジへの会員登録が必要だからです。普通の人は何の興味もないのに会員登録なんてわざわざしませんよね。

景品のためでも面白半分でも、会員登録というボートレースを見るきっかけを作ることになります。意味不明なCMを放送する理由は、全くボートレースに興味のない新しい顧客を掴むためなのです。

最後に

ボートレースのCMが意味不明な理由について考察してみましたがいかがでしょうか。

近年増えつつある謎のCMの中でも、ボートレースのCMは特に訳がわからないCMです。次のCMがどんな内容なのか、気になってしまいますね!

キャンペーンに参加出来るボートレースラウンジ公式サイトはこちら

【 関連記事】

PAGE TOP